心身症

診療のご案内【心の病気について】

うつ病

躁うつ病

不眠症

パニック障害

社会不安障害

身体表現性障害

心身症

統合失調症

月経前症候群(PMS)

インターネット予約(初診以降)

よこやまメンタルクリニック鶴見 モバイルサイト QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち


心身症

■ 心身症とは

心身症とは身体に症状が出るもので、からだの健康状態に心理的な要因が強くあるものをいいます。最近では「身体表現性障害」と言われますが、心と身体は切り離せないもの、という考え方は「心身症」のほうがより的確に表現しているかもしれません。そして症状が現れやすい箇所はその人の身体の「弱み」がある部分といえます。

気管支喘息、消化器潰瘍、胃腸障害、円形脱毛、蕁麻疹など皮膚症状、腰痛など日常ありがちな症状の蔭にストレスが隠れているので、すべての身体疾患や症状は心身症といえるという見方もあるでしょう。

■ ストレスへの自覚について

心身症になりやすい人の大きな特徴は「ストレスへの自覚が弱い傾向」があることです。自覚が弱いというレベルにはちょっと言葉のはばがありますが、かなりのストレス(特に慢性的な)を受けているにも関わらずまったく自覚で来ていない場合もあります。この場合、本人の知らない間に疾患や症状がかなりひどくなっていることもあります。
またストレスの自覚はあったとしても、自覚しているストレスの強さと実際に心身が受けているストレスの強さにギャップがある場合です。この大きさのギャップが疾患や症状となって表れるというわけです。

■ 身体からの危険サインに耳を向けて

症状というのは自分自身の深い部分からの危険サインです。自覚が弱いほど強烈なサインが送られてくるというものです。そしてストレスがある一定の期間でなくなった場合(試験、プレゼンなど緊張を呼ぶが必ず終るものなど)気付かないうちにその痛みもとれているなどです。

 

身体はこころの叫びを教えてくれているのです。 心身症になりやすい人は真面目で周囲の期待に応えたい、応えねば、と意識的または無意識に思っているがんばり屋、我慢強い人です。しかし、症状がひどくなれば抑うつ状態も起きてきてしまいます。

クリニック概要

精神科・心療内科

よこやまメンタルクリニック鶴見


〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3
矢上屋クリニックビル3F


[TEL] 045-717-5168


アクセス:京急本線「京急鶴見駅」徒歩1分
     JR京浜東北線「鶴見駅」徒歩3分


▼診療時間
● 平日 9:00 - 13:00 15:00 - 19:00
▲ 土曜 9:00 - 14:30 休診日 木曜・日曜・祝日

診療時間
9:00-13:00
15:00-19:00